代表 鈴木信義の日記
by n-susan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
みんなのこと
きょういくのこと
テスト分析
おしらせなこと
未分類
以前の記事
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
フォロー中のブログ
Neo School☆教...
Neo School 教...
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
教育・学校
受験・勉強
画像一覧

●生徒対応について

024.gif

 035.gif035.gif035.gif035.gif035.gif


 集団授業の教室では、集団のクラスに対応した生徒指導があり、個別指導の教室には、個別の生徒特有の対応が必要になる。

 やはり集団授業のだいご味は、クラス全体の雰囲気作りによって相乗効果を生みながら、生徒のやる気をひきだすことだろう。Neo School では20名ほどの生徒をひっぱっていくことができる技量が求められる。学校の先生の苦労は想像に難くない。大変だろうな。。。

 勉強する上でのクラスの雰囲気が良くない場合は、結果として求めるものを得られないことが多い。体験授業で保護者様には、この点を確認していただきたい。

 生徒対応については、授業中の生徒一人ひとりの表情をよく観察しそして習熟度をチェックしていく。120分前後の授業なので、メリハリや起承転結のある流れを作れれば第一段階は卒業となる。よって授業中の生徒とのコミュニケーションの取り方が重要だ。


 個別指導は生徒のレベルやペース合わせることができるのが強みだ。それぞれの都合で集団ではなく個別を選んでくださっている事情をしっかりと勘案し、勉強が苦手な子、最難関校を狙う子、目標とする資格がある子などへの対応をさせていただく。ただし、いつでも集団の中でやっていける対応力を考えながら指導していかないと、集団生活で実力を発揮するのが苦手になってしまうことが注意点だ。

 よって、保護者様からのご質問には、担当する先生がコロコロ変わらない、先生の巡回が多い、特定の生徒だけ指導している、どのような先生が指導しているのか明かさない、ようなことがなければ受講してみる価値はあることをお話しする。保護者様も授業風景を見学させてもらうのが良い。

 生徒対応については、生徒に寄り添い、生徒の都合に合わせる授業をしないように指示している。なあなあ授業では、ある期間は楽しそうに通うかもしれないがそれは本質的に何も解決しない。生徒の現状を理解し、立ち上がるために必要なハードルを与え、常に励ましながら背中を押していく。集団生活で生きていかなければならないのだから、少しづつ甘えを消していくコミュニケーションが必要だ。

 生徒の言いなりは、生徒を理解しているのではない。家庭でも学校でも塾でも「暴君」にしてはいけない。


 集団でも個別でも、ルールは塾側にあることを教えることが必要だ。それがあるから、生徒対応もできるのだ。

  
 Neo School に通ってくれている子たちは、そういう点をしっかりと理解し行動してくれるので本当に助かる。生徒対応も常識的におこなえるので保護者様にも感謝したい。

 
 しばしば、外部生の保護者様から塾探しのご相談をお受けするが、生徒対応について共通認識の持てる塾をお選びになるのが第一歩で、体験授業などで子供も納得できれば通塾を検討する段階ではないでしょうか、とお応えしている。

 成績向上と志望校合格をいっしょに目指すのですから。
by n-susan | 2010-04-13 15:37 | きょういくのこと