代表 鈴木信義の日記
by n-susan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
みんなのこと
きょういくのこと
テスト分析
おしらせなこと
未分類
以前の記事
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
フォロー中のブログ
Neo School☆教...
Neo School 教...
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
教育・学校
受験・勉強
画像一覧

●進んだ場所で最善を

030.gif

 048.gif048.gif048.gif048.gif


  進学した学校で最善を尽くすことが大切だ。自分の学校を悪く言ったところで状況は良くならない。むしろ悪くなるように感じる。

  勤めている会社で最善を尽くすしかない。自分で決断して入社したのだから、自分の立場をしっかりとわきまえて仕事をするしかない。会社を悪く言う前に、決断した自分を反省するのが先だと思う。

  今の状況が良くないと思っている場合は、自分の責任と許されるルールに則って行動を起こすことがよい。もうちょっと我慢して頑張ってみるのも、やめて別の道に進むのでもよい。

  本当はやる気に漲っていて、楽しくやっていきたいのに、つい不満を漏らしてしまう気持はよく分かる。でもそもそも、やる気も楽しさもすべて自分で作るものであって、誰かが持ってきてくれるものではないということに早く気づこう。

  その学校はあなたに何もしてくれないよ、その会社はあなたを幸せにはしてくれないよ、自分で楽しんで、自分で幸せになる行動を起こした人にだけ、学校や会社は応えてくれるのだから。

  何かにつけて悪く考えたり、悪く思ったりすれば、あなたには悪いことしか起こらないはず、だって何でも悪く捉えてしまうのだから。せっかくの毎日をそんな気持で送っているのはもったいない。たまにならいいけれど・・・。


  高校1年生も大学1年生も社会人1年生も新しい環境に馴染めないとついつい周囲を悪者にしてしまう子がいるが、進んだ場所で最善をつくすことしかないことをアドバイスするしかない。

  どうしてもダメなら、頑張ってみてダメなら、別の道はいくらでもある。負けでもなければ、失敗でもない、そもそもそこに来る予定だったのだから。

  
  今がベストと思って毎日を過ごしているほうが良いと私は考えている。ベストと思っているだけではなくて、実際の行動にも反映させていなければ意味がない。理屈は立派なのは良いが、どのような行動をしているかのほうがもっと重要だ。考え方は、行いの中から学んでいくものだからだ。

 変えられない過去の自分~変えられる未来の自分

  失敗や間違いやいらっとすることや嫌いなこと、、、、それを自分のレベルアップの糧とするように考え方を常にリフレッシュし、アイディアを出し、予定変更をしながら、より良い自分の未来を作っていく。もちろん我慢できないことだってあるから、どうやってさっさと立ち直るかを考えてみる。


  行動できない人、口ばかりといわれる人、何もかもが上手くいかない人、、、、いろいろ自分の内面にコンプレックスを持っている子は多くいる。改善のアドバイスとして、いかに自分の都合よく考え方をチェンジできるかについて話す。

  「心の病」という現代の問題は、いい意味でいい加減さが必要だと私は思う。専門家ではないので私見だが、新しい環境になったときや困ったことに出くわしたときなどのストレスを抱えたとき、考え方を切り替える習慣をもっている人は比較的順応が高いと感じている。

  ベストと考えることができるようなもともとの元気な自分でいる習慣付けを日頃から意識しよう、と言う。私はそれが良いと思っている。だからいつも鈴木先生はいい加減なんですね、と言われるがその通りなのである。

  
  五月病とか言って教室にくる子たちには、もうすぐ六月だからな、と言ってみる。すべては「考え方」次第でどうとでもなる、どうにもならない時はさっさと逃げよう!これまたいい加減なことを言う。


  どうしようもないと思ったら、どうしようもない人に相談するといい。不真面目な人は真面目に悩まないから安心だが、真面目な人が自分だけで解決しようとすると困ったことになる。

  つい最近そんなことを考えさせられることがあった。
by n-susan | 2010-05-27 17:41 | おしらせなこと