代表 鈴木信義の日記
by n-susan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
みんなのこと
きょういくのこと
テスト分析
おしらせなこと
未分類
以前の記事
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
フォロー中のブログ
Neo School☆教...
Neo School 教...
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
教育・学校
受験・勉強
画像一覧

●3・11

004.gif

 008.gif007.gif008.gif007.gif008.gif007.gif008.gif007.gif008.gif007.gif008.gif007.gif008.gif

 一昨年の3月11日にあの大地震が起きた。午後私が車に乗ってNeo School への出勤をしようとしていた途中、国道16号線を目の前にしてあと数百メートルで右折しようと思っていたとき、(車を運転していたのでおそらく最初のゆれは感じることなく、、、)いきなり車が左右にゆれながら走っているような感覚に襲われた。

 道路がおかしいのか、自分がおかしくなったのか、のような気分でスピードを落としながらそれでもゆっくりと走っていたら、周囲の車がいっせいにブレーキランプを点灯させて止まり出した。

 私は国道16号が直前、というところでストップし、まるで遊園地のゴーカートに乗っているかのごとく揺れる車内で、“これはとんでもない地震ではないのか?”と気づいた刹那、携帯電話で自宅に連絡をいれていた。

 左に曲がれば5分で自宅、右に曲がれば15分でNeo School という場所だった。

 幸いにも自宅に電話はつながり、我が家は全員無事で家中がいろいろ散乱しているだけだということだったのでNeo Schoolに車を向かわせた。

 本部教室では、Y先生、O先生、A先生が業務をしていたため教室内はまったく混乱はなくあの大きな揺れでも被害らしいものは無かった。そして、それぞれの先生たちに自宅に帰って家人たちの安否や家の状況を確認するために帰宅してもらった。


 それから休講や課作成、今後の余震への対応、災害時のマニュアル作成など目先の業務ばかりに気を取られていた。必死にこの状況に対応しようとしていた。それしかできなかったといっていい。

 震源地周辺では生死をさまよっている方たちが多かったようだが、そういう想像すらできなかった。


 
 あの日から2年が過ぎた。鮮明にあの日から数日間必死にNeo Schoolの生徒や保護者様たちの力も借りて乗り切っていたことを覚えているが、何かすごい昔の出来事のようにも感じるのはどうしてだろうか?前に進むことばかり考えてきた2年間だったからだろうか。

 被災地ではまったく違った時間の流れ方だったのだろう。時が止まったままの方たちもまだまだいるように聞く。

 
 忘れてはならない日、3.11。

 
 黙とう。

 
by n-susan | 2013-03-12 00:30 | テスト分析