代表 鈴木信義の日記
by n-susan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
みんなのこと
きょういくのこと
テスト分析
おしらせなこと
未分類
以前の記事
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
フォロー中のブログ
Neo School☆教...
Neo School 教...
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
教育・学校
受験・勉強
画像一覧

●どう影響するのか?

016.gif

 010.gif011.gif012.gif013.gif014.gif015.gif016.gif010.gif011.gif012.gif013.gif014.gif015.gif016.gif
 

 ◆事前に内申書、保護者に開示、 千葉・我孫子市が方針◆

 千葉県我孫子市の中学校で受験生の内申書の記載ミスが相次いだ問題を受け、同市教育委員会が2013年度の高校入試から、内申書の記載内容の一部を事前に保護者に開示して確認を求める方針を固めたことが23日、市教委への取材で分かった。内申書の事前開示は異例。

 市教委によると、開示するのは各教科の5段階評価や、英語検定など資格の有無。総合所見などは含まず客観的データに限定する方針。今年秋ごろまでに詳細を決める。

 我孫子市では、市立白山中が作成し高校入試の際に提出した3年生100人以上の内申書に記載ミスが見つかり、県教委が公立高校に合否判定のやり直しを指示。中学校や保護者から再発防止策として、事前開示を求める声が上がっていた。

 市教委の高橋俊明教育総務部長は「生徒との信頼関係を損なわないよう開示内容に配慮したい。信頼回復のためには情報開示が必要だと考えた」と説明している。
 

 今回の公立入試でおきた内申書の記載ミス、今まではそういう事態があってもきっと表面化することはなかっただろうが、情報の取り扱いに関して時代が変わってきたので我孫子市の取り組みが今後周辺の地域にどのように影響するのか注視したい。

 内申書の開示という前例のないことをおこなうのだから今までの内申書というやや秘密のベールに包まれ、見ることができる立場の人たちしか知らない情報を見ることができると考えると期待はずれな結果に終わるだろう。

 記載ミスがおこらないようにするためにチェックしてもらうという限定的な開示になると思う。

 
 ただし、今での生徒や保護者に対して、オフレコという前提なのか公言していいと言っているのか分からないが、「あなたの内申点はOOOだよ。」と教えてくれる先生はふつうだ。志望校を決定する際にも正確な内申点がカギになるし、教えて誰かが損するような事態も想像しにくいので堂々と内申点を知りたい人には、ほぼ正式な文書のカタチで見せるのは良いと思う。

 
 きっと学校指導という流れの中で、体罰・暴力的指導と同じような文脈で、内申書を人質にとるような指導というのも是正されていくのだろう。学校が、先生と言う権威で何かを教えてやる、授けてやる、というような風潮が変化する過渡期なのかもしれない。

 どちらが良いとか悪いとかでなく、必然的にこういう時代になるとこうなっていくよね、という流れなのだろう。

 野田市、流山市、柏市など周辺の地域の教育委員会がどのような対応をするのか楽しみだ。

 
by n-susan | 2013-03-29 08:08 | きょういくのこと