代表 鈴木信義の日記
by n-susan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
みんなのこと
きょういくのこと
テスト分析
おしらせなこと
未分類
以前の記事
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
フォロー中のブログ
Neo School☆教...
Neo School 教...
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
教育・学校
受験・勉強
画像一覧

●This is it

072.gif

004.gif003.gif006.gif004.gif003.gif
006.gif

先日、ケンチ先生とマイケルの遺作「This is it」を観て来ました。午前9時台からのアーリーショーだったので、お客は私とケンチ先生の二人だけだと思っていたら、同世代の少年、少女の心を忘れていないおじ様、おば様が案外多くいらっしゃってました。

 ケンチ先生は、厳粛なるマイケルの勇姿を見るというのに、緊張感ゼロでポップコーンをかぶりつきながら、コーラを飲むという、古きよきアメリカンボーイを気取っていました。そんなお客は周囲を見渡しても彼一人。

 
a0094682_11145511.jpg



 映画を見ながら、「This is it」の意味を考えていました。

 長い間一線を退いていたマイケルが復活、そしてそのステージで最後、ということから「待たせたね、いよいよさ。」と言うことなのか。

 彼流のメッセージを伝えるための「そこだよ。それが大事さ。」という意味なのか。

 
 
 映画は、ロンドンでのステージを控え、リハーサルに励むマイケルとバックダンサー達の密着映像&メイキングが1つのストーリにのって展開していく、といったものです。

 なつかしの曲と一緒に踊るマイケルの姿はかっこよく、純粋に昔の記憶とオーバラップしてきました。

 後半からは、目を閉じて曲だけを楽しんでいると、、、やはりそうだったのか・・・、と気づきました。


 「Heal the world」(世界を癒そう!) 「This is it」(それだよ!) と誰かがささやいていました。それはもう心地よく、その後の記憶は・・・


 気づくと、映画はエンドロールがつら~っと流れていました。


 やっやべ~、寝てしまった。私自身が、癒されてしまった。。。完全に最後の10~20分くらいは寝ていました。アリガトウ、マイケル。私を癒してくれて。


 
 そんな私を予想していたのか、

 
a0094682_11285397.jpg


 映画の前日、マイケルの最新DVD 「Number Ones」にて予習はしてありました。マイケルは私の周囲にもはやいろいろな奇跡を用意してくれている。


 ありがとう、マイケル。


 この感動を他の先生にも伝えたかったのですが、A先生もT先生もH先生も、、、、

 「ワンピースのストロング ワールド でしょ、やっぱ。」と...世代の壁は越えられず、、、

 力足らずで、ごめんね、マイケル。
by N-susan | 2009-11-27 11:08 | テスト分析